一般社団法人 日本グランピング協会 ロゴ

理念

ご挨拶

グランピングに
願いを込めて

日本グランピング協会  会長 松本 寛

プロフィール/若い頃から海外への渡航歴が豊富で、米国ではRVパーク、キャンプ場などを数多く視察。そうした経験をきっかけにオートキャンプブームが盛り上がりを見せた1990年代にアウトドアビジネスをスタート。アメリカ最大のオートキャンプ場チェーン「KOA」とのフランチャイズ契約により、’95年に「KOA志摩磯部キャンプグラウンド」を開業。2004年にKOAとの10年間にわたる契約を終了し、独自の施設「伊勢志摩エバーグレイズ」をオープンした。また、2012年には同施設において、いち早くグランピングに着手し、成功に導いた実績を持つ。

オープン翌年(1996年)のKOA志摩磯部のテントサイトの様子。質の高いサービスの提供に早くから取り組みを行なっていました。当時の職員はモンタナ州にあるKOAの施設で研修を受けていました。
1997年、KOA志摩磯部のキャンピングキャビン。キャンプ経験のない人へのサポートを時代に先駆けて提案。

日本におけるグランピングをレジャーの1ジャンルとして健全に確立したい!
これが当協会の設立の原点です。

現在、日本のグランピングが急速な広がりを見せるなか、事業者と消費者の双方がグランピングを正しく理解しているでしょうか? 現在の日本のグランピング施設は、それぞれが独自の解釈に基づいたもので非常にあいまいな状況です。グランピングの名前を利用した、ただ注目を集めるだけの行為も少なくありません。
キーワードだけが独り歩きした結果、本質を理解しない施設が乱造され、お客様に提供されれば、グランピングが廃れるようなことになりかねません。この点を私たちは危惧しています。

過酷な自然環境であっても快適な自然体験を求める人たちは「グランパー」と呼ばれています。日本グランピング協会は、グランパーの要求に応えるべく高度なグランピングビジネスを展開する事業者の集まる組織です。グランパーに求められる情報を提供すると共に、これまでの観光旅行では経験しなかった「未知の体験・体感の価値」を追求します。
グランピングの健全な発展という理念に賛同していただける方々とともに情報発信を行ない、適正に普及させる。これが私たちの使命なのです。

事業者の皆様へ
日本グランピング協会 入会のご案内

日本グランピング協会はグランピングの健全な発展を目指す事業者の集まる場です。当協会の参加企業には、アウトドアビジネスの経験豊富な人材が揃っています。ご興味のある事業者の方はぜひご連絡ください。

日本グランピング協会 info@glamping.or.jp   TEL.03-3662-5503